先生の旅日記(カンボジア編)12終章

素人無修正動画

【前回までのあらすじ】
男性マッサージで頭に浮かぶのは
「私はストレートなのか?」
そんな悩みの中でお土産屋へ行き
カンボジア人リンと出会う私
ついにカンボジア編完結
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンと夜ご飯に行く約束をした私
待ち合わせまで少し時間があります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「時間つぶしにマッサージに行くか」
 
またマッサージ笑
しかし今回は足だけです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうやって待っていましたが
予定の時間が来ても連絡なし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あれ?どうしたんだろ?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まぁ外国ではすっぽかされるのも
よくあることです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんだかんだ1時間ぐらい経ち
連絡がないので日本人たちと
飲みに行くことにしました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結局その日は連絡なし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「やはり良い話はないもんだ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう思ってカンボジアを
後にする私だったのでした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先生の旅日記
(カンボジア編)
終わり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで終わると
読者にキレられますよね?笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ翌日があった私は
お土産屋さんに行きます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「おいリン!ひどいじゃないか!」
 
リン
「ごめん先生、昨日は急に仕事が・・」
 
「1時間も待ったんだからな!」

リン
「ほんとごめん、今日はどう?」

怒りつつも許す私

「大丈夫だよ」
 
リン
「じゃあ、今日こそ仕事終わりに」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
再度待ち合わせ
時間になると連絡がきました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リン
「先生、どこにいる?」
 
「お土産屋さん近くの橋だよ」
 
リン
「すぐ行くね」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらくしてリンが現れました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リン
「先生、着替えに帰っていい?」
 
「いいよ」
 
リン
「一緒に行こう」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
話しながらリンの家へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
街灯と言いますか
家の灯りすらない暗闇
こんな暗いところは
日本ではなかなかありません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「リン・・・暗くて見えない」
 
リン
「先生、ちょっと待ってて」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カンボジアの街で
暗闇で1人ポツーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「まさかリンに騙された!?」
ここでこんな疑念が浮かびます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドキドキしながら待つこと10分
 
リン
「先生!お待たせ!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
少しラフな格好をしたリン
良い感じです
騙されたわけでもなく
少し一安心
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リン
「川沿いにあるお店に行こう」
 
「オッケー」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そこにはクラブがありました
外でも飲めるようです
 
私とリンはクラブから漏れる
音楽を聴きながら飲むことに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「カンボジアは良いところだね」
 
リン
「気に入ってくれて嬉しい」
 
「リンにも会えたしさ」
 
リン
「口がうまいなぁ笑」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本の話
そしてカンボジアの話
色々話しました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2時間ぐらいが過ぎたころ
 
 
 
リン
「先生、明日帰っちゃうんだよね?」
 
「そうだね、明日の夕方だね」
 
リン
「せっかく仲良くなれたのに・・・」
 
「うん・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このまま別れるのも寂しく感じ
私はつい・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「リン」
 
リン
「なに?」
 
「よかったら・・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「このあとホテルに来ないか?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リン
「・・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「・・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リン
「先生、ごめん」
 
「そっか・・・」
 
リン
「嫌いとかじゃないんだよ?」
 
「わかってるよ、ハハハ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つい口に出して誘って
それで断られて愛想笑い
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人生なかなか
思い通りにいかないもんです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「じゃあ、そろそろ行くか」
 
リン
「そうだね」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンを家の前まで送り
明日会いに行くことを伝え
おやすみと言ってホテルへ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「今日が最後の夜か・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユカリ
 
アン
 
リン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楽しかったなあ
(女性限定!笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてその日はすぐに寝て
起きてから荷物の準備
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出発前にリンに会いに行きます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「リン、昨日はありがと」
 
リン
「こちらこそありがとう」
 
「楽しい思い出ができたよ」
 
リン
「・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんとなく
浮かない顔のリン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「どうした?調子悪い?」
 
リン
「違うの・・・」
 
「ん?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リン
「私、昨日・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リン
「先生について行けばよかった!」
 
「え?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
驚きで何も言えません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リン
「昨日帰って後悔した・・・」
 
「・・・」
 
リン
「もう行ってしまうんだよね?」
 
「うん・・・・」
 
リン
「・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まさかリンがそう思ってるとは・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「リン、またカンボジア来るよ!」
 
リン
「絶対だよ先生?」
 
「リンに会いに来る!」
 
リン
「待ってるからね」
 
そう言ってリンと別れ
一路空港へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてカンボジアから
飛び立つのでした
830F66DC-9595-4740-8CF7-02FEEF239D1A
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「出会いあれば別れあり
アポロビルと同じか・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことを思いながら
日本へ帰国した私
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それ以降カンボジアへ
行く機会はありません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リン、元気にしてるかな?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たまにそう思いながら
アポロビルへ向かうのでした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先生の旅日記
(カンボジア編)
 

トリプルエックス 過激アダルト無修正動画サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください